本文へスキップ

生理前、生理中の貧血に効くおすすめサプリ・漢方

トップページ > 貧血に効くサプリ・漢方

生理前、生理中の貧血の原因・対策サプリ・漢方 生理前、生理中の貧血編

生理前、生理中の貧血の特徴

  • クラクラと立ちくらみがしたり、ふらつく
  • 顔色が悪い、目の下にくまができる
  • 症状が酷くなると頭痛や吐き気なども起きる
生理による貧血

生理前、生理中の貧血の原因

生理前・生理中は、本来、脳に行くはずの血液が子宮に集まり、脳への酸素供給量が減ってしまうことで、めまいや立ちくらみ・頭痛など貧血の症状が起こりやすくなります。そのような症状は生理が終われば治まり、一時的なので普通の貧血とは異なりますが、虚血性貧血を起こしやすい人は、元々貧血気味であることが多いようです。

生理前・生理中の貧血の予防・改善対策

元々貧血気味の人は、生理前・生理中に貧血を起こしやすい傾向にあると言われています。貧血を改善するには、食事の中から鉄分を始めとして貧血に効果のある栄養を摂ることが大切です。普段から貧血を予防・改善する食品を意識して取り入れていきましょう。

鉄分

鉄分には、肉や魚など動物性食品に多く含まれるヘム鉄と野菜や大豆製品・海藻類など植物性食品に含まれている非ヘム鉄の2種類があります。
ヘム鉄の体内への吸収率は、10~20%ですが、非ヘム鉄の吸収率は1~6%と低くなっています。また、鉄分は、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂ると吸収率が上がります。

ヘム鉄を多く含んでいる食品:豚・鶏レバー、あさり、しじみ、イワシ、カツオなどの動物性食品

非ヘム鉄を多く含んでいる食品:ひじき、切干大根、高野豆腐、納豆、ほうれん草、小松菜、プルーンなどの植物性食品

※コーヒーや濃い紅茶や緑茶などは、鉄の吸収を妨げるタンニンが入っているのでたくさん飲みすぎないようにしましょう。


ビタミンC

鉄分の吸収率をupさせます。

ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、ピーマン、キャベツ、いちご、キウイ、柑橘類など。


ビタミンB6

血液中で鉄を運ぶヘモグロビンという物質を合成するのに必要。不足すると貧血が起こることがあります。

レバー、さんま、まぐろ、かつお、卵、バナナ、アボカドなど。

ビタミンB12

造血効果があり、葉酸と共に赤血球の生成を助け、予防・改善に役立ちます。

レバー、牡蠣、あさり、しじみなど。

葉酸

赤血球を作るために必要な栄養素です。

レバー、牡蠣、卵黄、大豆など。

ヘモグロビンを作るときに、鉄の利用率を良くして鉄の吸収をサポートします。

牛レバー、牡蠣、ナッツ類、ココア、そら豆など。

人気のサプリメント・漢方

美めぐり習慣
美めぐり習慣

生理前や生理中の鉄分・栄養補給に!

美めぐり習慣には、1日に必要な鉄分10mgと鉄分の働きをサポートし、吸収率を上げるたんぱく質ビタミンB C葉酸も配合されています。そして、カラダを温め巡りを良くするオーガニック生姜や野菜の王様モロヘイヤ、天然のビタミンCたっぷりのアセロラなども含まれているので冷え性や美容にも効果的!
少食の人や疲れすぎて食欲が出ない時などは、鉄分をはじめ、栄養が偏りやすくなるので特にオススメです。


美めぐり習慣 詳細口コミはこちら



news症状別から探す PMSや生理時に関わるおすすめサプリ・漢方

イライラ・モヤモヤ
憂鬱・無気力
貧血
頭痛
腹痛・下痢
便秘
肌荒れ・ニキビ
不眠
冷え

おすすめ商品ランキング店舗情報

第1位 ルナベリー
ルナベリー 1位

詳細はこちら

第2位 女性のミカタ
女性のミカタ 2位

詳細はこちら

第3位 めぐルナ
めぐルナ 3位

詳細はこちら

チャットの方法は?