本文へスキップ

PMSに効果的なレシピ。肌荒れに効く「カボチャスープ」

トップページ肌荒れ、ニキビに効くサプリ・漢方 > PMSに効果的なレシピ

PMSに効果的なレシピPMSに効果的なレシピ(肌荒れ)

みんな大好き!栄養豊富なカボチャ

最近、ハロウィンが広まったせいなのか?
カボチャを見たり食べたりする機会が増えたように思います。カボチャを使ったお菓子やケーキ、サラダも多いですよね。
昔より私たちの身近な存在になってきたかぼちゃ。
そんなカボチャには、ビタミンACEがたっぷりと含まれています。
ビタミンACEに共通する働きとして抗酸化作用・アンチエイジング効果があるので、生理前に肌荒れしやすい方にはぜひ食べてもらいたい野菜です。

他にもビタミンA(βカロチン)は、皮膚や粘膜を守る、視力の回復や免疫力アップなどの効果があるので、疲れて肌荒れしている時やカラダが弱まっている時などに効果的です。
ビタミンCは、ストレスに対する抵抗力を高めたり、シミやニキビの改善などに欠かせない栄養素。
ビタミンEは、血流を良くする作用があるので冷えや血流が悪いことによる頭痛や肩こりなどを和らげます。また、ホルモンバランスを整える効果もあるのでPMSで悩んでいる人にはぜひ摂ってもらいたい栄養素の一つです。

さらに、精神安定に欠かせないビタミンB6やむくみを予防するカリウムもたくさん含まれています。

美肌・疲労回復・冷え・ホルモンバランス・精神安定・むくみ・・・などいろいろな効果が期待できるかぼちゃ。
そんな甘くて美味しいカボチャと豆乳(牛乳)を使ったスープのレシピを紹介したいと思います。
ミキサーがあれば、簡単に短時間で作れるのでぜひお試し下さい。

カボチャのスープ

ビタミンA・C・Eなど栄養抜群のカボチャを使ったスープです。
豆乳は、ビタミンEや葉酸・鉄分、牛乳にはカルシウムが多く含まれています。

カボチャスープ

材料 (2人分) 
カボチャ
1/4個
たまねぎ 1/2個
コンソメ 小さじ1
水  100~150ml
豆乳か牛乳  300ml
砂糖 小さじ1
塩・コショウ 適量

作り方
カボチャは、種とワタをスプーンでとります。かぼちゃを一口大位の大きさに切ります。玉ねぎは薄切りにします。
耐熱容器にカボチャを並べてお水をひたひたになるくらいまで入れてラップをします。
600wで6分~8分位加熱します。加熱し始めて3分位経ったら、一度ラップを開けて薄切りにした玉ねぎを追加で入れてください。
カボチャが柔らかくなったらOkです。ラップを少しだけめくって、間からお湯を捨てます。(やけどに気をつけてください。)
ミキサーにカボチャとたまねぎ、水、コンソメを入れてスイッチオン。
しっかり混ざったら、お鍋に中身を入れて弱火で温めます。
そして牛乳をゆっくり加えていきます。
味見をして、甘さを足したい場合はお砂糖を入れてみてください。塩・胡椒もお好みでどうぞ。


※甘味が強いカボチャの場合は、お砂糖はナシでも良いと思います。
水・豆乳(牛乳)の量は、お好みで加減してみて下さい。
カボチャが足りないときは、代わりに人参を入れてみても良いですよ。



news症状別から探す PMSや生理時に関わるおすすめサプリ・漢方

イライラ・モヤモヤ
憂鬱・無気力
貧血
頭痛
腹痛・下痢
便秘
肌荒れ・ニキビ
不眠
冷え

おすすめ商品ランキング店舗情報

第1位 ルナベリー
ルナベリー 1位

詳細はこちら

第2位 女性のミカタ
女性のミカタ 2位

詳細はこちら

第3位 めぐルナ
めぐルナ 3位

詳細はこちら

チャットの方法は?